投稿

カタールで飛行機をトランジットして中東初体験!

イメージ
今回の欧州駆け足訪問の往復には、カタール航空を利用しました。往復ともドーハ空港で乗り継ぎまして、わずかな時間ではありましたが中東初体験となりましたので、そこで見たこと、考えたことを共有したいと思います。
近年、ドバイのエミレーツ航空、アブダビのエティハド航空、カタールのカタール航空という中東の三社が競ってアジア、アフリカ、ヨーロッパの多くの都市に就航しており、それぞれの本拠地の空港をハブとして運用しています。
直行便よりは時間がかかりますが、比較的安く行けるということもありますし、中東の空気を少しだけでも吸いたいということもあり、カタール航空を選んだ次第です。

しかし、カタールについては、中東の金持ち国であり、衛星テレビ局「アルジャジーラ」がある国というくらいの予備知識しかありませんでした。
Googleマップで調べますと、こんな立地条件です。イランとサウジアラビアの間、アラブ首長国連邦の隣です。なんとなく、政情不安定な印象を受けます。
ただし、それを言い出すとドバイも同じですし、あくまでも中東とはそういうところだと考えるべきなんだと思いました。
次にウィキペディアで調べますと、人口200万人強でGDP20兆円強と、日本よりも豊かな国であることが分かります。しかもこれは出稼ぎ労働者の数を含んだもののようですから、純粋なカタール人はもっと経済的には豊かなのです。
経済力のベースは、地下資源(天然ガスと石油)ですね。私たちの使っている電気とガスにもカタールから来た資源が含まれているようです。それで得た資金を使って、ドーハの都市開発をしたり、カタール航空を飛ばしたり、アルジャジーラを運営したりしていると。
政治的にはイギリス、アメリカとの関係が深く、アメリカ軍の本拠地がカタールに置かれているようです。
まず、羽田空港からドーハに向けて飛びました。搭乗手続きはJALが請け負っており、スムーズなものでした。飛行機も新しいもので、エンターテイメントには日本の映画もあって充実してました。

これ、実は離陸前の安全のための案内ビデオなんです。カタール航空はFCバルセロナのメインスポンサーをしているそうで、スター総出演。いきなりカッコいい演出でした。 https://youtu.be/WS2CQQfQzEM

これがドーハ国際空港です。いたって近代的な空港で、素晴らしいものでした。全体的に見て、航空会社として…

フランスとドイツ、最大の違いとは?

イメージ
今回、ドイツ、オランダ、ベルギー、フランスと欧州各国を駆け足で回ってきました。そこで気づいたことをシェアしたいと思います。
それは「フランスとドイツの違い」です。
今回、まずオランダのアムステルダムから列車でドイツのデュッセルドルフに入り、その周りをクルマで回ったのですが、郊外の住宅地が途切れることなく続いてました。まあ、日本の地方都市の周辺と似たような感じで、住みやすい印象を受けました。
どこまで行ってもダラダラと郊外が続いており、「途切れなく」という感覚が大変印象的でした。
その後、アウトバーンで200キロ出したりしながら(参照記事 https://kojinaka.blogspot.jp/2017/04/200.html)、フランスに入り、パリまで移動しました。パリは本当に大都会で、石造りの建物が隙間なく建てられており、道路も狭く、人がぎゅうぎゅう詰めになっていました。
帰りはTGVに乗ってアムステルダムに戻りました。この時、私は驚いたのでした。
なんとTGVでパリを出発して10分後に、上記の写真の通りの田園風景になってしまったことです。
いくらTGVが速いとはいえ、10分ですからまあ20〜30キロくらいです。東京なら世田谷区くらいのところだと思います。そこでいきなりこの牧草地ですよ。パリはどうなってるのだ?
もともと、ドイツは地方政府の連邦国家であり、フランスは中央集権国家であるということは知ってました。だから、ドイツが多極国家であり、フランスが一極集中国家であることは想像がつきます。しかし、これは何なんでしょう?
どうやら、ドイツの人々は郊外の広々したところに住むのを望んでおり、フランスというかパリの人々は都会暮らしを望んでいるのかなと、それくらいしか理由が思い当たりませんでした。
まあとにかく、フランスは大都会と田園しかないのか?そんな印象を受け、ドイツとの違いに驚いた次第です。
※ドイツ車が高速仕様の大型車中心であり、フランス車が小型車中心であることも、上記のことと関係ありそうです。
※また例によって短期滞在の一面的な見方ですので、違うよ〜というようなご意見がありましたら、コメントでお寄せくださいませ!











アウトバーンで200キロ出して考えたこと

イメージ
実は私は飛ばし屋なんです。ハンドルを握るともう自分を抑えることができず。。。
そういうことなので、本来であれば、ガレージに一台スポーツカーを置いておきたいところですが、国内では飛ばせるところもないということで、最近は乗りたい時にカーシェアリングを借りる程度になっています。
今回、旅行中にドイツからフランスまで移動することになりましたので、よっしゃ!それなら一度本場ドイツのアウトバーンを経験してみようということで、レンタカーを借りてドライブすることにしました。
ドイツのアウトバーンとは「速度制限なしの高速道路」です。本当に何キロ出してもいいんですよ。私にぴったりな道路なんです!
それで、実際に走ってみて、200キロ出しました!
すごかった! 感動しました!(マジで)
ただし、ちょっと想像していたのと違いましたので、その情報をシェアしたいなと思います。
(1)まず、アウトバーンは何キロ出してもいいということで、日本の高速道路よりも幅が広く、まっすぐに作ってあるのかと思っていました。実際にはそうではありませんでした。写真を見てもらうと分かるように、日本の高速道路とほとんど同じ構造でした。またドイツはあまり平たんではなく丘や谷が多いこともあり、割とカーブが多かったです。片側二車線のところも多いし、いやほんと、日本の高速道路を200キロで走るような感覚なんです。舗装状態は日本の方がいいくらいでした。最初はこんなのでいいのか!と思いましたが、そういうもののようです。
(2)次に、ぶっ飛ばしているのはスポーツカーとか高級車だと思っていました。実際にはそうではありませんでした。確かに200キロとかになると、それなりのクルマでないと出せないと思いますが、160キロくらいまでは日本で走っているような普通の乗用車でも走ってました。実はどんな車でもそれくらいは出せるし、飛ばしても問題ないんだと分かりました。
(3)とはいっても、300キロなんか出しているようなクルマは見かけませんでした。せいぜい180キロか、200キロくらいですね。私が借りた車(ベンツGLC 220 d 4MATIC)でも180キロを超えると加速が鈍ってきて、200キロ出すのが精いっぱいという感じでした。結局のところ速度無制限と言っても、自ら事故るような人はいないし、ある程度の上限はあるということなんだと思います。
い…

決算期を一年で一番暇な時期にするということ

イメージ
先週金曜日の3月31日は、年度末、月末、金曜日ということで、プレミアムフライデーどころではない方が多かったのではないかと思います。経費精算や請求書処理などについても、3月分だけ締め切りがタイトに設定されている会社も多いでしょうし、大企業ですと人事異動などもあったりして、かなりの混乱が予想されるところです。
ところで、私の会社は2年前から決算期を3月末から8月末に変更しました。一般的に3月末を年度末にしている会社が多いこともあり、予算取りのための問い合わせがあったり、一方で駆け込み発注があったりと、商談の動きが激しく、忙しい最中に期末が来てしまって業績の着地点が見えにくいのです。
当たり前ですが、利益がたくさん出るのなら期末賞与を出すなり、何かを買ったりしたいですし、利益がそれほどではないのなら、そのまま慎重に期末を迎える必要があります。こういったことは当社のような中小企業としては重要なことなのです。また、決算の処理を税理士さんにお願いするにしても他社と時期が重なるため、必ずしも丁寧に見てもらえないのではないかというような考えもありました。
そこで、私は少しだけ頭をひねって、会社が一番暇な8月末に決算をすることにしました。なんといっても8月はお盆休みがあります。社会全体の動きがスローになり、どうしてもその前後は商談の動きも止まり気味になります。ですから落ち着いて業績の着地点を見極めて、やるべきことをしっかりやって期末を迎えることができるのです。
8月末決算をすでに2回ほど行いましたが、この決断は正しかったなと自負しております。実際に余裕をもって期末を迎えることができていますし、税理士さんも暇な時期なので丁寧に数字を見ていただけているように思います。
「決算期を一年で一番暇な時期にする」ということ、特に会社を立ち上げたばかりの方にはおススメします!




虎ノ門駅前でビル建設始まる。銀座線は大丈夫なのか!

イメージ
プレミアムフライデー2回目の今日。月末の業績にも目処がつきましたので、ぷらぷらと歩いて帰宅することにしました。
前から気になっていたのですが、私のオフィスの最寄り駅でもある虎ノ門駅前でビルの解体工事が始まっています。
文科省の向かい側です。右の方に進むと虎ノ門ヒルズ、左のほうに進むと新橋です。

24階建、床面積4万7千平米。かなり大きなビルになります。

5つのビルを同時に解体し、真ん中の路地を潰しての再開発になります。
今、この地域ではオリンピックまでに完成させようという建設ラッシュが続いており、森ビルが推進している虎ノ門ヒルズの二期工事もすごい勢いで進んでいるところです。
新しいビルができて、街が近代化され、より産業が活発化するのは大賛成です。一つだけ頭が痛い問題があります。それは東京メトロ銀座線です。
個人的に、銀座線の赤坂見附駅から虎ノ門駅の間の混雑はもう限度を超えていると思ってます。通勤時間もひどいですが、日中や夜間もえらく混んでます。
郊外に向かう路線の混雑もすごいんだろうと思いますよ。埼京線とか、田園都市線とか、東西線とかも酷いと聞きます。ただですね。私も以前横浜から品川まで通勤していたことがありますが、郊外から都心に向かう路線の場合、独特の連帯感というか、皆んなで同じ方向に向かって頑張っていこうみたいな何かしら協力し合う姿勢があったように思うのです。
ところが、銀座線の場合、都心の中の移動だからなのか、混雑するのが数駅だけだからなのか、そういう連帯感が持てないのですよ。
しかも乗ってる人は、中年のサラリーマンとOLばかりで、まあいわゆる都会勤めの高給取り中心。学生などはほとんど乗ってません。どうにも雰囲気よくないのですよ。
まあ、それで何が言いたいかというと、どんどん新しいビルが建って、この地域で働く人が増えて、銀座線は大丈夫なのかということです。
虎ノ門駅は銀座線単独駅ですが、周りには霞ヶ関駅、内幸町駅、少し離れますが新橋駅もあります。また虎ノ門ヒルズ前には日比谷線の虎ノ門新駅も予定されてます。全体で輸送力を確保できる、混雑は全体で吸収できるという考えなのかもしれません。
それでも銀座線の利用者はもっと増えると思うのです。本当に大丈夫なのか?
かく言う銀座線は、実は今大規模リニューアル中で、渋谷駅はホームを作り直してますし、新橋駅も改造工事中です。車輌も一新されました。でも輸…

大騒ぎする男の子の話

イメージ
先日の夜、帰宅しようと自宅のあるマンションの廊下を歩いていたら、子供のわめく声が聞こえていました。自分の部屋に入ってからもそのわめき声が続いていて、少し気になりましたので、私はスーツを普段着に着替えて、その声のする方向に行くことにしました。
あまり付き合いの少ない都心のマンションですが、引っ越しの時にご挨拶くらいはしてますし、なんとなくどんな人が住んでいるのかは分かります。声をたどっていくと、最初に予想した通りの部屋の前にたどり着きました。この部屋のお子さんはすごく活発で、いつも部屋の中で騒ぎまくっていて、うちの部屋までどしどし音が響いてきています。私にはうるさいなという気持ちはありませんでしたが、両親は苦労されているんだろうな~と思っていました。
その部屋の玄関ドアの前で私は中の様子をうかがっていました。子供は「中に入れろ~」と騒いでます。どうやら子供は玄関ドアと居間の間のホールに閉じ込められているようでした。時々、居間にいるお父さんがぼそぼそ諭す声が聞こえます。子供の声量は益々上がっていってましたが、一応双方で話し合っているようだし、殴り合いをしているわけでもないし、器物損壊の様子もありませんでした。
私は何よりも心配だったのです。子供が暴れてモノを壊しまくったりとか、親が感情的になって手を出したり、またはひどすぎるということでADHD(注意欠陥多動性障害という一種の精神病)などと診断されて薬漬けにされたり、はたまた虐待だということで児童相談所に連れていかれるというような、そんなことになってほしくなかったのです。
単に子供が騒いでいて、親がそれを諭している。親の苦労は計り知れないものがありますが、それも子育ての苦労の一つだったと何年か経って懐かしく振り返れる。そんな状態に収まってくれることを願っていました。もし、そういう状態を超えているのであれば、インターホンを鳴らして、何が起こってるのかお話を聞こうと思っていたのです(どうせ大した理由じゃないだろうし)。
結論的に、私はそのままドアの前に立ったまま、聞き耳を立てて事態を見守ることにしました。子供はずっと騒いでいましたが、お父さんは今日は許さないよというスタンスを変えませんでした。私としては「どっちも頑張れよ」というような気持ちになってきました。
しばらくして、事態が動き出しました。子供が警察か何かに行くとか…

もうちょっとブログ真面目に更新してみようかなという話

イメージ
皆さん、こんにちは。 中康二です。
会社を立ち上げて12年。 いろんなことがありました。 一つだけ自慢できるのはずっと増収を続けてきたことです。沢山の方に助けてもらいました。 感謝しかありません。
ただ、自分としてはもっともっとビジネスの規模を大きくしたいんですね。 もっともっと多くの人のお役に立ちたいのです。
それとどう関係あるのかという感じもしますが、ここ最近は何でもかんでもSNSになっちゃってた自分の情報発信を、もうちょっとブログに戻そうかなと思ってます。ブログの方が蓄積効果があり、より自分のことを振り返って見てもらえると思うのです。
そんな訳で、ちょっとブログの更新テストです。
・原則としてスマホで書く。 ・長文にはこだわらず、沢山書く。 ・拡散手段としてのSNSは最大限努力活用する。
ということを原則として、しばらくやってみたいです。
よろしくお願いいたします。
※写真は花粉症対策をしながらランニングしようとしている私の雄姿です(笑)



ディスク容量が32GBのWindows10はおススメしません!(デジタル仕事術)

イメージ
(画像はAmazon.co.jpで液晶11~12インチのWindows10ノートを検索したもの)

 以前のネットブックからの流れを受けて、格安なWindows10ノートが沢山発売されています。現にAmazon.co.jpで検索すると、上記のような感じでえらく安い製品がおススメされています。

 しかし、ここで一つだけ注意してほしいことがあります。

ディスク容量が32GBのWindows10はおススメしません!

 ということです。

 32GBのWindows10ノート、とりあえず購入したら動きます。しかし、WindowsUpdateがかかったら動かなくなります。もしかしたら最初のうちはいいかもしれません。しかし、2016年夏に出た「Windows 10 Anniversary Update」のような大型アップデートが出たら、よほどトリッキーなことをしない限り、アップデートできません。

 アップデートできないということは、セキュリティホールを修正できないということです。つまり危険な状態にさらされるということです。ですから、よほど腕に自信がある人以外にはおススメできません。

 一般人は素直に64GB以上のモデルを購入しましょう!
 今すぐ買うならこんなモデルがいいんじゃないかな~。
     ↓
     ↓

JALの機内Wi-FiにiPhoneで繋がらない方へ(デジタル仕事術)

イメージ
JALの機内Wi-Fi、15分無料キャンペーンをやってます。せっかく使いたいなと思ったのにiPhoneで使えないという方、おられませんか?



説明書きの通り、機内モードのまま、Wi-FiをOnにして、「gogoinflight」を選んだのに、うんともすんとも次の画面が出ない。ブラウザ画面を立ち上げても何も見れない。そんなことがあると思います。

そんな時には、下記のURLを開いてみてください。

http://airborne.gogoinflight.com/

これで、下記のような画面が出てきて、ユーザー登録またはログインが可能になると思います。


お試しください!

満員電車でもケーブルが絡まないBluetoothヘッドホンのススメ(デジタル仕事術)

イメージ
皆さん、通勤電車の中や、外を歩いているときに、スマホで音楽聞かれていると思います。でも、ケーブルが邪魔じゃないですか?そんな皆さんにBluetoothを使った無線ヘッドホンをおススメします。LANでもマウスでも、ケーブルがないのって、ほんとに便利ですよね。ヘッドホンも同じです。ケーブルがないだけすごく自由になれるのです!!!

さて、とはいっても、お店に行くと沢山の無線ヘッドホンがあり、悩んでしまいます。そこで、大胆にもわたくしが一つ選んでおススメします。

それは、PLANTRONICS社の「BackBeat Fit」です。

もちろん、いろんな無線ヘッドホンがあり、いろいろな志向があっていいのですが、わたくしが一番重視したいのはこの製品が「オープン型」であることです。

多くのヘッドホンは「密閉型」と言いまして、まったく外の声が聞こえなくなり、完全に遮断されるタイプです。これだと外を歩いているときにクラクションを鳴らされても聞こえませんですし、電車のアナウンスも聞こえず、一般人が使用するには少し危険なのではないかと思います。また、密閉型のヘッドホンをしたまま食事をとった時に、何かを口に入れた時の「くちゃくちゃ」音や、液体を飲み込むときの「ごくごく」音が、大きく聞こえてきて、結構不快です。

※ちなみに、iPhoneの付属ヘッドホンは「オープン型」です。

そんなこともあって、「オープン型」の無線ヘッドホンを探したいのですが、なかなかないのです。どうも音質を極めたい方にとっては「密閉型」ヘッドホンが人気なようなので、「オープン型」で無線ヘッドホンを作るメーカーが少ないのかもしれません。

このBackBeat Fitという製品は、本来はスポーツ用のヘッドホンですので、オープン型に作られています。音質はそこそこだと思いますが、日常的に使うにはよろしいのではないかと思います。

なお、iPhoneとの接続で、下記の操作が可能です。
・電源ON→自動的にiPhoneとBluetooth接続
・音量のUP/DOWN
・再生のSTART/STOP
・電話がかかってきた場合の受話、通話
(残念ながら曲送り、曲戻しはできません)

充電はUSB接続で行い、バッテリーは連続再生で5時間以上持ちます。

おススメします!

PLANTRONICS Bluetooth ワイヤレスヘッドセット BackBe…

MacBook Airの外付けバッテリーとして日本トラストテクノロジーの「MPB-32000」をおススメ!(デジタル仕事術)

イメージ
MacBook Airユーザーの皆さん、特に11インチタイプをお使いの方は「もう少しバッテリーが持ってくれれば」と常日頃お感じなのではないかと思います。そんな方にモバイルバッテリーをおススメします。

もともと、HyperJuiceというブランドのバッテリーがありまして、ラインナップも揃っていたのですが、値段が高く、供給も不安定で、最近は国内ではあまり手に入らなくなっているようです。そこで、何か使えるものはないものかとさがしてみましたところ。。。。ありましたよ!

日本トラストテクノロジーの「MPB-32000」というモデルです。

この製品は、公式にはMacBook Airとの接続は保証していません。ですから、これを購入後、いかなる不具合が起ころうとも、メーカーにクレームはつけないようにしてください。もちろん、わたくしにもクレームはつけないでください。すべてご自分のリスクでお試しいただくことになります。

ただ、わたくしの環境ではそれなりに便利に使えております。

(1)バッテリーはこちらになります。Amazonでも大小いろんなサイズのバッテリーが売ってますが、とりあえずこちらをおススメします。(サンワサプライの製品も試しましたが、私の環境ではあまりうまく動作しませんでした)

日本トラストテクノロジー(楽天市場) Mobile Power Bank 32000 MPB-32000
ちなみに、Macbook Airで採用されている45W MagSafe 電源アダプタのスペックは「定格出力電圧 14.85V、最大出力電流 3.05A」だそうですので、出力を「16V」にして使用することをおススメします。 

(2)上記のバッテリーに付属しているケーブルはすべてWindows用ですので、MacBook Airで使えるケーブルは別途購入する必要があります。MacBook Airは年代により電源プラグの形状が異なりますので、お間違えのないようにしてください。

http://www.amazon.co.jp/dp/B00SGLPL6S/ (新しいタイプ)
http://www.amazon.co.jp/dp/B00YM9JXPI (古いタイプ)

これで、MacBook Airのバッテリーの持ち時間が2倍は稼ぐことができます。おススメします。

また、このバッテリーを一台カバンに入れておきますと、…

モバイルルーターはもう要らない。これからはSIMフリースマホでテザリングするのがおススメ!(デジタル仕事術)

イメージ
今はなきイーモバイルから「Pocket WiFi」が登場して以来、モバイルルーターを持ち歩くのがモバイラーの常識でした。
そういう時代もそろそろ終わったねというのがこの記事の趣旨です。
モバイルルーターの宣伝トークの常套句といえば、  「月額固定料金で使い放題」  「高速インターネット」  「家の光ファイバーが不要に」  みたいなものでした。 
しかし、実際には家で光ファイバーの代わりみたいに使うユーザーが大量発生すると、モバイルブロードバンドのサービスが破たんするのは当然のこと。通信帯域がいっぱいになって、ユーザークレームが発生して、まともなユーザーが離散してサービス終了となります。
ありえないイーモバイルは、実はあまり使わない法人ユーザーを大量に抱えていたせいか、かなり長い間この作戦で生き延びてきましたが、ソフトバンクとの合併のころから様子がおかしくなり、「3日間1GB制限」「月7GB制限」などを導入しだして、存在価値を失っていきました。 
次に登場したUQ WiMaxもほぼ同じような道筋をたどって、しかもこちらはWiMaxのカバーエリアが狭すぎて、当初から実用性すら欠くような次第でした。今や存在価値なしといえるでしょう。 
では、これからは何を使えばいいのでしょうか? 
それがSIMフリースマホです。  SIMフリースマホに、格安SIMを入れてテザリングで使うのです。
わたくしはこの使い方をおススメします。  
<この使い方の特長>
(1) SIMフリースマホは安いので、好きな機種を選べます。私は数年前に香港から個人輸入したXperiaを使っていますが、最近は格安SIMの会社が国内で販売しているので、それらを買うことをおススメします。 
(2) スマホでテザリングしているとすぐにバッテリーがなくなってしまうのではないかと心配される方がおられるかもしれませんが、スマートフォンでバッテリーを消費するのは液晶画面です。モバイルルーターとして使う分には液晶画面はほとんど使用しませんので、いつも画面を切っておけばバッテリーはかなり長持ちします。 (わたくしはカバンにモバイルバッテリーをしのばせていて、適宜充電してます)
(3) 格安SIMは最低契約期間がないものが多いです。ですから、以前のモバイルルーターのように2年縛りに縛られることはありません。また、固定料金のない…

崖っぷちに立つ日本の財政と、素知らぬ顔の国民という構造はなんとかならんものか。

イメージ
今日は早起きして自民党本部に行ってきました。大学の先輩でもある衆議院議員の根本幸典さん(当選2回)が東京での第一回の朝食会を開かれるとのことで、枯れ木も山の賑わいと駆けつけた次第です。

根本さんのお顔を拝見するのは久しぶりでしたが、政治に対する熱心さと、真摯な態度が感じられて、当然のことではありますが、やはり尊敬に値する方だなと思いました。実際の年齢よりも年上に見えることも、年功を重んじる日本の風土においては損ではないのだなと思ったりした次第です。

さて、こういう会の面白いところは、一番真ん中にいるはずの根本さんは最初の5分位話しただけで、時間の大半は根本さんの派閥の領袖である細田さん(当選9回)にお話をいただくのに費やされたということです。

細田さんのお話は、たった今懸案となっている消費税の軽減税率の話から始まって、日本の社会保障の話に広がっていきました。そこで、日本という国全体の数字の話が沢山出てきて、いろいろと興味深かったので、この記事を書こうと思いました。(以下の内容は全てが細田さんの発言からの引用ではありません。私なりに計算したものも含まれています)

-------------------------------------------------------------------
消費税を5%から8%にあげて年間約8兆円の増税になった。
ちょうど原油価格が下落し、日本の原油輸入額が8兆円下がった。
これにより、日本経済は助けられた。

消費税1%=2.7兆円ということ
つまり日本の年間消費額は270兆円
国民一人あたり225万円ということになる。

消費税を8%から10%にあげると約5兆円の増税
食料品を全て軽減税率8%の対象にしてしまうと1.3兆円目減り
財務省は困ると言っている。

じゃあどうしてそんなにお金が必要なのかというと、社会保障費。
日本の社会保障費は年間130兆円に達している。
国民一人あたり100万円になる。

年金は55兆円。対象者が3000万人であり、一人あたり180万円
基礎年金21兆円+厚生年金などである。
厚生年金は当然だが、基礎年金についても、本来は保険料で賄うべきであるが、
過去に半分を国費で出すと決めたのでそうなっている(約10兆円)

医療費は40兆円。国民一人あたり30万円
これも国費で11兆円補填している。

介護保険でも…

au版iPhoneは電源ボタン二度押すと着信拒否に。ビジュアルボイスメールを使うには一度押しで待つように!(デジタル仕事術)

イメージ
※この記事は2015年7月現在の情報に基づいています。 皆さんこんにちは。今の日本でiPhoneを安く入手するにはMNPするのが一番!ということで、はからずも私はソフトバンクからauにキャリアを乗り換えたのでした。
意気揚々と使い出したのですが、なんかおかしいな~と思いました。皆さんがあまり留守電を使ってくれないのです。あれ?と思って調べてみました。
(1)iPhoneの留守電には2種類あります。 ・通常のガラケーのようにセンターに保存されてセンターに電話をかけて順番に聞いたり削除したりする通常の留守電 ・メッセージがiPhoneに保存されていて、画面上の操作で再生したり削除したりできる「ビジュアルボイスメール」(という名称がついています)
(2)当然のことながら、ビジュアルボイスメールの方が便利なはずですし、かっこいいです。しかし、このビジュアルボイスメールを利用するには、auの場合には「お留守番サービスEX(月額300円)」に申込む必要があります。ソフトバンクの時も同様のサービスを申し込んでいた私は、auでもビジュアルボイスメールを使えるように契約しました。
(3)電話がかかってきます。移動中や打ち合わせ中などで電話に出られない時、ソフトバンク版のiPhoneの時には下記のように操作していました。 ・電源ボタンを一回押すと着信音が消える ・電源ボタンをもう一回押すと留守電モードになり、用件が録音される。 ところが、au版iPhoneの場合にはこうなってしまいます。 ・電源ボタンを一回押すと着信音が消える ・電源ボタンをもう一回押すと着信拒否になり、通話が切れてしまう。 なんということか!だから誰も留守電にメッセージを残してくれないわけだ。
(4)au版iPhoneで留守電を残してもらうにはこうする必要があります。 ・電源ボタンを一回押すと着信音が消える ・そのまま20秒ほど放置すると、留守電モードになり、用件が録音される。
(5)20秒(正確には24秒らしいです)はちょっと長過ぎるので、もっと短くします。au版iPhoneから「1418+設定したい秒数」の番号に電話をかけると、設定が変わるようです。私は10秒に設定しました。 http://www.au.kddi.com/mobile/service/call/orusuban-ex/
これで、快適に使えるようになりました…

Blog→Facebookへの自動投稿で便利だったRSS Grafittiが4月いっぱいで廃業するようです。困る〜!(デジタル仕事術)

イメージ
(画面は同サービスのWebサイトより)

Blog記事からFacebookへの自動投稿に便利だったサービス「RSS Grafitti」が、4月いっぱいでサービス終了すると発表しています。

同サービスは無料で使用することができ、上位の機能を実現する有料サービスもありましたが、有料サービスを使う人は全体の0.25%しか存在せず、そこから上がる収入ではサービスを維持できなかったと発表しています。

ブロードバンド・クラウド時代になり、様々なサービスが立ち上がり、当然のことながら大半はサービス中止になっていますが、今回のように全世界で非常によく使われている(30万ページで活用されていたとのことです)サービスが、いきなり中止になるのは本当に困りますね〜。本来は、誰かもっとビジネスセンスのある人が引き継いでほしいものです。

代替サービスとしては「dlvr.it」というのがありますので、従来のユーザーは早めにそちらに移行するしかなさそうです。

http://www.rssgraffiti.com/
https://dlvr.it/

BootCampでOSX/Winの両方から使える「データ領域」パーティションの作り方(デジタル仕事術)

イメージ
(注意1)この記事の内容はOSX、Bootcamp、Windowsの各種の設定に手慣れた方を対象としています。初めての方は無理に挑戦せず、Bootcampの標準的な機能でHDD(SSD)を2つに割って使用することをおすすめします。 (注意2)最近のMacbook Air で下記の方法を実行した際に、STEP(7)のWindowsをインストールするところでUSBメモリからキーボードとトラックパッドのドライバを読み込めず、Windowsをインストールできない現象があるようです。私としてはこの解決方法が分かっていません。どなたか詳しい方はコメントなどで教えていただけると助かります。MacbookでWindowsを使う方法として、Bootcampの利用をおススメするという記事を書きました。今回はさらなる上級編として、Bootcamp環境下で「データ専用」のハードディスク領域(パーティション)を用意して、WindowsとOSX(MacOS)の双方から使うという方法をご紹介したいと思います。

Bootcampはとても便利な仕組みですが、HDD(SSD)の領域を完全に分離する必要があります。WindowsからはOSXの領域は書き込みできず、OSXからはWindowsの領域は書き込みできないのです。これは不便なだけではなく、Dropboxのフォルダなどが両方に存在することになり、容量が無駄になってしまいます。

これを解決するために、もう一つデータ専用の領域を設けて、WindowsからもOSXからも読み書きできるようにしようということです。上記のWindowsでのスクリーンショットはその最終形です。Macbookの128GB SSDがWindowsOSの領域と、OSXの領域と、データ専用の領域に分かれています。


このように、OSXで起動しても同じように見えます。さて、どのようにしてこれを実現するか。特に最近のMacbookは、HDD(SSD)の中に見えないリカバリー用領域があるために、思うように行かないという話が沢山あるようです。下記の手順にはこれをクリアする対策を盛り込んであります。

(必要なもの)
・Mac用外付けHDD(最低100GB程度)
・Windows用外付けHDD(最低100GB程度)
・USBメモリ(最低10GB程度)
・Windowsのインストール用DVD

(1)…

MacでWindowsをするならBootCampがおススメ(デジタル仕事術)

イメージ
登場以来、大ヒット商品となっているMacbook Air。携帯性、キーボードの打ちやすさ、バッテリーの持ちといったモバイルパソコンに必要な要素を全て兼ね備えており、世界中のカフェでこれを使っている人が続出しているのはご存知の通りでしょう。
しかし、最大の問題は、Windowsではないことです。いや、今やほとんどの用事はOS X(Mac OS)で済みます。でも、MS Officeの文書をフォーマットを崩さずに更新したいとか、会計ソフトを使いたいとか、Windowsでしかできない用事もあるものです。
Mac上でWindowsを動かすソフトウェアには2つの種類があります。
一つの種類は、OS X上で仮想環境を構築してWindowsを走らせるものです(VMware Fusionなどがこれに属します)。OS XとWindowsを同時に起動して画面を切り替えながら使用できるようになり、便利であることは間違いありません。しかし、欠点としてはどうしようもなく動作が重たいのです。ですから、Macbook Airの標準的な構成の店頭モデルでは性能が不十分です。AppleStoreで「Core i7」「メモリ8GB」くらいのハイスペック仕様を特注したとしても、それでもなんやかんやで動きの悪さにイライラすることが多いのです。
もう一つの種類は、OS Xの上に仮想環境を構築するのではなく、別途Windowsを起動できるようにするものです(Apple純正のBootCampというのがこれです)。これだと、OS XとWindowsは同時には使用できません。再起動しながら切り替えて使うことになります。これは一見不便なように思えますが、性能はとても良くなります。極端なハイスペックは必要ありません。「Core i5」「4GB」の店頭モデルでも問題なく使えます。
しかもBootCampは、無料なのです。Appleが無料でダウンロード提供しているのです。これは使わない手はないというものです。あと必要なのは「WindowsのインストールDVD」です。これは購入してください。AmazonでWindows7 ProのDSP版というのが2万円弱で売ってます(まがい物があったりするのでダマされないようにしてください)。
手順としては 1)Macbook AirのSSDの空きを最低40GB、できれば60GB程度用意…

HWD15(WiMAX2+)の使い方のコツ、月の通信量が7GBを超えそうなら「ハイスピードモード」に切り替えよう(デジタル仕事術)

イメージ
2014年11月現在のモバイルルーター選びとしておススメしたいのがWiMAX2+のHWD15です。2年契約で基本料金3,696円+LTEオプション1,005円=月々4,701円で「どこでも使えるauのLTE」と「パケット量上限なしのWiMAX2+」の2つの電波が使用できて、両方のメリットを享受できます。(WiMAX2+にはauのLTEの電波に対応していないものがありますが、これはエリアが狭いのでおすすめしません!)

私も実際に使用していますが、使い方のコツがひとつ明確になりましたので、ご紹介します。それは「月の通信量が7GBを超えそうになったらハイスピードモードに切り替える」ということです。

なお、現状のHWD15に関しては、「ハイスピードプラスエリアモード」にした場合のみ、「3日間1GB」「月7GB」の制限があります。下記の方法で、これにうまく対処して、快適なモバイル通信生活を送ってください。

●最初にHWD15の通信量カウンターの設定を下記のように切り替えます。
 ・ホーム画面表示設定 「ON」
 ・カウント方式 「カウントする通信モードの選択」
 ・カウントする通信モードの選択
   「ハイスピードプラスエリアモードのみON」
 ・最大データ通信量 「7GB」
 ・カウント開始日 「毎月1日」
 これでHWD15の画面にいつも月初からの「ハイスピードプラスエリアモード」でのパケット通信量が表示されるようになります。

●原則として、auのLTEの電波もあわせて利用する「ハイスピードプラスエリアモード」の設定で使用します。これでauのLTEの電波も使用できるので、地下鉄の中などWiMAX2+の電波が弱いところでも快適に利用できます。LTEオプション料1,005円が発生しますが、これは一ヶ月の間でほんの少しでも使ったら発生するものなので、割り切って最初からこのモードにしておきます。

●通信量が多くなって「3日間1GB」の制限にかかってしまった場合には「ハイスピードモード」に切り替えて使用します。auのLTEの電波は使用できなくなりますが、少し我慢して2日間くらいWiMAX2+の電波だけで乗り切ってください。(この制限はソフトバンクやイーモバイルほどは厳しくないようです)

●累積の通信量が多くなって「月7GB」の制限にかかりそうになったら、液晶ディスプレイの表示が…

モバイルルーターとしてWiMAX2+のHWD15をおススメする3つの理由(デジタル仕事術)

イメージ
(2017年3月追記)現在は状況が変わり、モバイルルーター自体をおススメしていません。最新の記事はこちら→ http://kojinaka.blogspot.jp/2016/05/sim.html

モバイルルーターと言えば、イーモバイル(現:ワイモバイル)イチオシの時代が長く続いてきましたが、2014年に入って急に「3日間1GB」「月7GB」のパケット量制限を厳格に行うようになり、今や安心して使えるものではなくなってしまいました。

個人的には、昨年にiPhone5S(Softbank)に乗り換えて以来、そのテザリングで運用しようとしてきましたが、接続の手間がとても面倒なことと(iOSのテザリングは全然ダメです)、またやはり「3日間1GB」「月7GB」のパケット量制限もあり、安心して使用することができず、最近は出先でノートパソコンを開くことも少なくなっていました。。。。。

こんなことでどうする!と立ち上がった私はいろいろなモバイルルーターの条件を調べてみました。それで、WiMAX2+がいいのではないかと思い、TRY WiMAXキャンペーンという無料で使えるプログラムがありましたので、これに参加して使ってみました。結果的にHWD15というモデルが使えそうだという判断になりましたので、皆様にもおススメしたいと思います。(個人的にも使用しています)

HWD15をおススメする3つの理由をまとめておきます。

(1)「au 4G LTE」の電波を使えるので、ほとんどどこでも使える。

WiMAX2+にはいくつかのモデルがありますが、このHWD15は「ハイスピードプラスエリアモード」というのを選択すると「au 4G LTE」の電波も使えるようになります。地下鉄の走行中とか、ビルの中とか、WiMAXだけでは圏外になってしまう時が多いのですが、そういう時にもこのモードにしておくだけで自動的に「au 4G LTE」の電波を拾って繋いでくれます。「au 4G LTE」の電波といえば、iPhone5sなどでも使っているプラチナバンドですので、本当によほど山奥とかに行かない限り、圏外にはなりません。WiMAXと「au 4G LTE」の間の切り替えもスムーズで、利用者としては何も意識することはありません。この「ハイスピードプラスエリアモード」を使うには、通常の料金に加えて月に1005円の追加料…

手軽なWindowsタブレットとしてASUS T100TAをおススメします。(デジタル仕事術)

イメージ
混迷するWindowsパソコン選び。Windows8が登場して以来、従来のノートパソコンと異なったカタチのパソコンが登場し、市場は混迷を極めています。

私はよく「どんなパソコン買えばいいの?」と聞かれるのですが、答えに困る始末でした。私自身、ここ数年はMacBook Airを愛用していたのですが、MS Officeを使用するためだけにわざわざWindows環境を立ち上げたり、Windowsにリモートデスクトップで接続するという使い方にいい加減に嫌気がさして、何か自分用にいいモバイルWindowsないかなと思って物色したのですが、なかなかいいものがなく、困っておりました。

いろいろな試行錯誤の末、まあ個人で手軽に使う分にはこれでいいんじゃないかなというモデルが見つかりましたので、ご紹介します。

それはASUSという会社の「T100TA」というものです。これはいわゆる2in1モデルと言われるものです。いつもはノートパソコンのように使いながら、キーボードが不要なときには本体だけ切り離してタブレットとしても使えるものです。

いくつか選定のポイントを書いておきます。

(1)Windows8を使うには最低でも10インチ以上の画面サイズが必要。8インチモデルが沢山出てますが、これでは不便なことが多すぎます。T100TAは10.1インチです。
(2)記憶装置はSSDが必須です。2in1モデルでもHDDのモデルが沢山出てますが、これでは多分快適に使えないはずです。SSDを採用するからこそ、非力なCPUと少ないメモリでも快適に動くのです。ここは大きなポイントです。T100TAはほとんどのモデルがSSD搭載です。なお、T100TAは「eMMC」という安価なタイプのSSDを採用しているようですが、これで十分HDDよりは早いようです。
(3)SSDの容量は最低でも64GB必要です。32GBではOSだけでもいっぱいになってしまうはずです。T100TAには32GBモデルがあるので、間違えて買わないように。ちなみに私はSSD64GBに外付けのSDメモリカード64GBを指して、合計128GBにしています。これならかなり大量のファイルを保存しても大丈夫です。
(4)CPUはAtom、メモリは2GBでもさほど不自由はありません。Windows8は意外と動作が軽いです。またHDDではなくSSDを採用す…